ローカルテーブル「地域通貨ぶんじ」
photo by Nipponia Nippon

◆国分寺の魅力いっぱい
「お散歩写真館」はこちらから
https://kokubunjimonogatari.com/gallery/

長かった梅雨もあけ、
初夏の風が爽やかな季節となりました。
皆様はいかがお過ごしでしょうか。

さて、本日ご紹介させていただくのは、
6月24日(金)に行われた
「ローカルテーブル」についてです。

今回は「地域通貨ぶんじ〜いままでの10年。
これからの100年。」というテーマでした。

地域通貨ぶんじとは、
国分寺を中心として流通している
お金でもあり、メッセージカードでもある
「気持ちを贈る通貨」です。

この通貨は100ぶんじ=100円として、
国分寺の周辺にある40ヵ所のお店で利用できます。

「ぶんじ」の一番の特徴は、使う時に裏面にある
吹き出しに相手へのメッセージを必ず書くことです。

ぶんじは今年10周年を迎えました。
今回のイベントでは、さらに100年後の自分の願いをぶんじに書き込み、多くの方と語り合うことができ、
とても素敵な時間でした。

ぶんじは誰かの仕事をお手伝いした時や
ぶんじガチャでの寄付、イベントへの参加などで
入手することができます。
そして実は、ぶんじの券面は少しずつデザインが
変わっているそうです。
是非、ぶんじを集めて全てのデザインを見つけ、
ぶんじを通して自分の気持ちを
贈ってみてはいかがでしょうか。

営業時間:11:00〜21:00
================
◆カフェローカル
◆ 東京都国分寺市本町3-1-1
cocobunji WEST 5階
◆「国分寺物語」サイトはこちらより
http://kokubunjimonogatari.com/
◆地域通貨ぶんじ